アクセス解析
レンタル掲示板
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年11月13日 [日]

疾走試写会

に行ってきました!ので感想です。
帰り道、携帯で思いのたけを綴ってたら、結構な長文になったわ~。
でも悲しいことに文句が幅をとっています。
文句といっても映画にじゃないよ♥
映画感想を読んで下さる方は、ぐいっとスクロールだ!

+ + +

さて、まずはスタッフに。
手際悪すぎだろ…。
人数がいないにしても追い抜き放題のあの状況はねえよ…。

そしてオタ。
てごがみたくてきたんだね。そりゃ嬉しいよね。
でも椅子の上で何度も飛び跳ねるとかありえないよ☆
せぇの!てごり~ん!きゃー!笑ってくれた!
ってそれ苦笑ですから。せぇのじゃねえよ。
同列にいたお嬢さん方、あんまりにも大きくかつ回数が多かったので、
聞こえるように黙れって言ったつもりだったけど、
私の声小さかったかな。

そして上映中。
携帯いじるんじゃねえよ…
写真とってんじゃねえよ…

と、久々にこれだからジャニオタは…と思われちゃう状況に当たりました…。
試写会はじめてだったんだけど他のもこんなんなのかな…。
SABUさん他の不機嫌ととれる表情が恐かったし恥ずかしかったよ。
なんで好きな子の評価さげるような真似ができるんだろ。
全く不可解です。

まぁここで書いても仕方ないんだけどね…。
そういう子らが近くにいた時は、びびりなもんで気がひけるけど、
注意してけるように頑張ります(`・ω・´)

+ + +

では吐き出してすっきりしたので(自己満足ららばい)萌え語りですよ!

なにはなくともこれにつきる。
てーごーしーがーすーきーだー!
っていうか今まで好きだったのが大好きになった。超素敵。
ずっとかわいこちゃんだと思ってたら、ずいぶんかっこよくなっちゃって
アタイどぎまぎでしたよ!
こんな手越の中の手越を堪能できる映画をみることができて、
手越担が羨ましくなりました。
誰か成亮の中の成亮が堪能できる映画つくってよぉおおお。
どんくさ映画を(ぇ

では、映画内容に触れる話は以下に。
記憶力乏しいのであまり量書けてませんが;
いやー原作未読なので色々怒涛の嵐でした。

勝手な主観ではございますが、超角川でした。
で、正直自分、角川節って苦手なんですよ(´∀`;)
(自力でどうしようもない理不尽な事が苦手なんです…。)
だから、てごは見たいんだけど映画楽しめるかは直前まで不安でした。
でも本当によかった。
手越のおかげでこの映画と出会えた。
大感謝です。

主題歌がすごく映画の内容を表していて、非常に胸に染みました。
今回の試写会は、上映前にこの曲をご本人達が演奏してくれて、
それを聞いてから映画をみるという形だったんですが、
すごく良い演出だったと思います。
初聞きだった私はうっかり曲だけで涙目になりましたよ。

手越の演技は最初、ヤバイ、超棒読み…と思ってたのが、
どんどん上手くなっていってそれにもほろり。

シュウちゃんまぐろなのね(*´д`*)ハァハァ

れんれんは自分、優しいおじさん役ばかりを見てたので、
ゾンビ姿はインパクト大でした。
超かっこよかった♥

しかしお兄ちゃん出て来た時ビックリだよな。

エリの通る声がすごく好きだと思った。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • 題。 
  • 名。 
  • 頁。 
  • 宛。 
  • 語。 
  • 飾。
  • 暗証。 
  • 秘密。  管理者のみ表示。

トラックバック

ご案内

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。